CAD

CAD(AutoCAD JWCAD)初心者/オペレーター/技術者コースについて知りたい!

講座名:「CAD(AutoCAD JWCAD)初心者/オペレーター/技術者コース」
この講座は、以下二つの資格が取得できます。
■「CADデザインマスター」
■「建築CADインストラクター」
>>メンタル心理ヘルスカウンセラーW 資格取得講座

CADデザインマスターとは?

CADデザインマスターとは、CAD・AUTOCAD・JWCADなど多くの種類のCADを使ってデザインすることができ、建築に必要な業務に関する作図能力(パソコンを使って設計図、図面を描く技術)、通称CAD技術を有する資格者です。

実際の業務でかなり必要とされるので、即戦力になる評価が高い資格です

建築CADインストラクターとは?

建築CADインストラクターとは、CAD(設計・製図・デザインを行うためのコンピューター)を扱う技術者や、入力作業を行うCADオペレーターを育成する人のことです。

多くの場合、CAD技術者がそれまでのスキルを活かしてインストラクターとなる。

やはりCAD技術者としての経験を踏まえたほうが、技術・知識をわかりやすく教えることが出来る。

また、ITという分野は常に進化しているので、最新の技術・情報を会得する意欲とアンテナが必要とされます。

CADデザインマスター、建築CADインストラクターの仕事内容

CADデザインマスターの仕事内容は、CAD技術・図面作成技術を生かしてデザインすることです。

「CAD(キャド)」とは英語の「 computer aided design」の略称で、別名コンピュータ支援設計とも呼ばれることもあります。

要は、図面をコンピュータで設計をすること、またはコンピュータによる設計を支援するツールのことです。

従来は人間の手作業によって行われていた設計作業ですが、プログラミングされたコンピュータにであるCADを導入することによって、大幅に効率が高まっています。

CADはコンピュータ処理によるものなので、以前は一度引いてしまった設計図は修正が困難でしたが、同じ図面を何度も修正することが出来ます。

また計算を機械が自動おこなうので、人的ミスの心配も減り、設計の現場の手間を大幅に短縮し合理化してくれるシステムです。

CADオペレーターは、いまや世界的に設計に関わる仕事ではなくてはならない仕事です。

資格なので、一度身につければ仕事に長く役立てることのでき、潰しの利く資格です。

能力次第では、フリーランスのCADオペレーターとして仕事をしていける可能性もあります。



建築CADインストラクターの仕事内容は、企業やパソコン教室などでCADの専門ソフトの使い方を教えます。

建築物を建てる為に設計図は必要不可欠です。

在では、そのほとんどがCADを利用して製図されているほどCADは建築業界では必要スキルになっています。

その理由は、建築物を建てるまでには何度も設計図の修正や加筆が必要となる事から、コンピュータを利用して製図するCADは、手軽に修正・加筆できる事から非常に都合が良いのです。

建築業界に広く普及・利用されるようになったこと、また、建築物を建築するには、役所などへ様々な申請書類が必要となり、それらは昨今では電子化が進んでいることからCADが必須となっています。

建築用設計図を製図する仕事をしていくのであれば、建築に関する専門の記号や単位、計算方法などの知識を得た上で、さらに建築用CADの操作方法を習得する必要があります。

その為、建築用CADには高度で専門的な知識や技術が求められ、それらを証明する為に、建築CADには、レベルに応じて幾つもの資格が存在しております。

人気のある資格では、「建築CAD検定試験」や「CAD利用者技術試験資格」などです。

そういった数あるCAD資格の中でも、「建築CADインストラクター」は建築CADに特化し、日本インストラクター協会が認定している資格です。

こちらの資格を持っていると、CADソフトに関する講演・教室を開いたりすることが出来ます。

CAD(AutoCAD JWCAD)初心者/オペレーター/技術者コースの特長

こちらの講座は、日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「CADデザインマスター」、日本インストラクター協会主催の「建築CADインストラクター」それぞれの資格対策にもなるようにカリキュラムが組まれています。

さらに、この建築技術者コース卒業すれば、100%「CADデザインマスター」と「建築CADインストラクター」の2資格が、卒業時に取得できます!

講座を最後まで終わらせることができれば、確実に資格を取得できるので不安なく取り組むことができますね。

CAD(AutoCAD JWCAD)初心者/オペレーター/技術者コースの口コミ評判

ダミー

講座を受ける前にも資料に書いてありましたが、「通信学習で実務レベルまで学べる」という点がこの講座を受講したきっかけです。

就職をしてすぐに知識があるのと無いのでは、大きな差が出てきますので大学を卒業するまでに取得しようと思いました。

実際に現場で活躍している建築士さんが教材の監修に関わっているということでしたので、貴重な資料として今も大切に保管しています。

ダミー

仕事のスキルアップのために、資格を取得しました。

いままではAutoCADしか触ったことが無かったのですが、Jwcad winに関しても色々と勉強することができました。

教材でCADを自分で使えるような環境があるのはありがたかったです。

時間が空いたときなどに、少しでも進めることが出来たので、コースの内容を進めるのが早かったです。