キャンドル

キャンドルデザインマスターW資格取得講座について知りたい!

講座名:「キャンドルデザインマスターW資格取得講座」
この講座は、以下二つの資格が取得できます。
■「キャンドルデザインマスター」
■「キャンドルアドバイザー」
>>キャンドルデザインマスターW資格取得講座

キャンドルデザインマスターとは?

キャンドルデザインマスターとは?

キャンドルデザインマスターとは、大小様々なキャンドルを、ただの蝋燭でなく誰もが見て楽しめるようにデザインする人の事です。

老若男女問わず、特に若い女性などに人気があるキャンドルですが、カラフルなものやアロマのように癒し効果・香りがあるもの、クリスマスなどシーズンに合わせた形をしたキャンドルを創作し、キャンドルだけでその空間を色鮮やかにデザインします。

キャンドルアドバイザーとは?

キャンドルアドバイザーとは、良く見かける一般的なキャンドルからカラフルにデザインされたものまで、多様な種類のキャンドルを作る技術・または作り方を教える技術を持った人の事です。

キャンドルデザインマスター、キャンドルアドバイザーの仕事内容

キャンドルデザインマスターの仕事は、基本的にキャンドルを色彩豊かに作成し、キャンドルの作り方を教授することです。

キャンドルも様々な種類があり、スタンダードな円柱形のものや、多角形、立方体、球状の形をしたものを俗にベーシックキャンドルといいます。

フローティングキャンドルは、水面に浮かべる事が出来ます。

カップキャンドルは、プラスチックなどの容器に入ったものを言い、グラスキャンドルはワイングラスなどの入れ物に入ったものです。

動物やフルーツなどを模してにた形にしたものを、モチーフキャンドルと言います。

見た目が可愛らしく蝋燭に見えないものもあるので、作るのが難しいイメージをお持ちの方も多いです。

しかし、型を取るために容器にワックスを流し入れ、固まってきたら形を整え、色を付けていくので意外とその工程は易しいです。

また、ただキャンドルを作り、作り方を教えるだけに留まらずキャンドルの歴史や環境に関する知識など知っておかなければならない事はたくさんあります。

また誤った使い方をすれば事故に繋がりますので、その扱いに関しても正しい用法を知らなければなりません。

キャンドルに関する知識を用して、講演会やセミナーを開くことも出来ます。

またネットショップなどでも、キャンドルを扱うものは増えていますのでチャンスは少なくありません。



キャンドルアドバイザーの仕事は、キャンドルを作る事に関するインストラクターです。

最近流行りのキャンドルクラフトは、女性を中心に人気があります。

しかし、いざ作ろうとするとインターネットの情報などでは細かい部分までわかりません。

そのため、キャンドル作成をわかりやすく教えることができる人がキャンドルアドバイザーです。

使い方から、素材に関することまで教える知識がある人に資格が与えられます。

資格を取得した後は、セミナーなどイベントを開く仕事も可能です。

企業が開催する小さなイベントなどのワークショップでも、よく見かけるようになってきましたので活躍の場は徐々に広がっている傾向にあります。

キャンドルデザインマスターW資格取得講座の特長

こちらの講座は、キャンドルデザインマスター、キャンドルアドバイザーそれぞれの資格試験に対応しています。

講座の内容は、キャンドルの材料と道具、キャンドル作りの基本、キャンドルの工夫と灯し方、キャンドル作りのレシピなど初心者でも取り組みやすいものですので安心して受講いただけます。

さらに、こちらの講座では、スペシャル講座を受けることが出来ます!このスペシャル講座はなんと卒業課題を提出すれば、試験免除で「キャンドルデザインマスター」、「キャンドルアドバイザー」の2資格が、講座卒業時に取得できます!試験を受ける時間がない方などにはお勧めのプランです。

キャンドルデザインマスターW資格取得講座の口コミ評判

ダミー

学生の頃からキャンドルの明かりが好きで、勉強する時や寝る前などによくアロマキャンドルを使っていました。

福祉の仕事をするようになって、癒しの効果があるキャンドルを周りの人に薦めると好評だったので、資格をとることにしました。

今では自分の勤務先だけですが、キャンドルについての簡単なセミナーもしています。

ダミー

1つの講座で2つの資格が取れると効き、自分が関わったことがないジャンルに挑戦してみようと思いました。

テキストは要点をしっかりと押さえてくれているので、きちんと勉強していれば、私はそれほど苦労した内容はありませんでした。

最近は変わったキャンドルを集めることにハマっています。