カラーセラピ

カラーセラピー3資格取得講座について知りたい!

講座名:「カラーセラピー3資格取得講座」
この講座は、以下三つの資格が取得できます。
■「カラーセラピー」
■「色彩インストラクター」
■「カラーアドバイザー」
>>カラーセラピー3資格取得講座

カラーセラピーとは?

カラーセラピーとは、セラピストとして相談者に色を選んでもらい、その色に隠された意味から、自身が気付いていない性格や問題を発見し、解決へと導くことです。

プロのカラーセラピストになるには、基礎である色の歴史やメカニズム、意味や効果などと、カウンセリングの能力が必要になります。

色彩インストラクターとは?

色彩インストラクターとは、色に関しての基礎知識である「色相」「彩度」「明度」「色味」「色のコントラスト」を理解し、また様々な色に合わせた、洋服や街中の広告など生活の中で関わるものに関しての知識を備え、その知識をもとにレクチャーやアドバイスが出来る人をいいます。

カラーアドバイザーとは?

カラーアドバイザーとは、色が人に与える心理的効果や影響についての知識と、それを利用する能力を備え表現できる人の事です。

色は私たちの暮らしに密接な存在で、例えば落ち着いた雰囲気の店に仕上げたり、心が高ぶるムードを演出したりと、色を巧みに操って空間設計を行う事が出来ます。

このように、状況に応じた色をどの様に扱えば良いか、どの様に生かしていくかを提案し、表現するのがカラーアドバイザーです。

カラーセラピー、色彩インストラクター、カラーアドバイザーの仕事内容

カラーセラピーとは、別名「色彩療法」とも言い、色の持つ性質・効果を利用して心身の状態を改善することです。

悩み相談をする人などには色を使うと心の中が読み取りやすくなるので、カラーセラピストは、その色が表すメッセージから、普段の暮らしからはもちろん、色が持つパワーを効果的に取り入れるようアドバイスします。

そして心身をより良い状態へと導いていき、良策を見つけたり、色により隠れた才能を見つけ出したりできます。

カラーセラピストは、「色の言葉の翻訳者」とも言われ、セミナーなどもよく行われています。



色彩インストラクターの仕事は、色のインストラクターとして様々な場面で活動することが出来ます。

「色」に関する講師活動をすることができ、イベントや企業、福祉施設などでもセミナーを行っています。

また企業や団体の専属として、広告代理店、家具屋、展示会、パッケージデザイン等、専門分野に特化した会社員として活躍することも可能です。

また、ライブやお祭りなどでは音楽とコラボレーションして表現することも出来ます。



カラーアドバイザーの仕事は、例えばファッションデザイナーやグラフィックデザイナーから色の部分で相談を受けたり、または建築士と共同して建造物のカラーを担当することもあります。

しかも、元々スタイリストやイベンターなどをしており、こういった知識と能力がある上にカラーアドバイザーの資格があれば、今までの知識・技術をさらに魅力的なものへとスキルアップさせることも可能です。

カラーセラピー3資格取得講座の特長

こちらの講座は、日本アロマメディカル心理セラピー協会の「カラーセラピー」、日本デザインプランナー協会の「色彩インストラクター」、日本インストラクター協会の「カラーアドバイザー」、それぞれの資格試験に対応しています。

仕事や育児が忙しく、1日に十分な時間を取るのが難しいという方でも、毎日の積み重ねにより実力が定着していくカリキュラムなので、無理なくご自身のペースで学習を進める事が可能です。

講座の内容は、「基礎講座」は色と心地よさ、色とイメージなど初心者にむけで、「弱点克服」は色はなぜ見えるのか?光とは何だろう?など、「予行練習」色彩と生活、ファッション、インテリアなどと順番に進めていきます。

カラーセラピー3資格取得講座の口コミ評判

ダミー

この講座を受けると、一気に3つの資格を取得できるというとで早速受講しとみました。

どの資格も内容は似ている上、共通な項目もたくさんあったのでサクサク進める事が出来ました。

模擬試験も本番さながらの環境でチャレンジ出来てよかったです。

ダミー

色に関する勉強とかはしたことがなく、初めての挑戦でしたがわからないところは納得いくまで質問出来るのと、専門家の意見が込められたテキストが良くて問題なく講座を終わらせることが出来ました。

カラーリングが私達の生活にこんなに定着しているのだと、改めて実感する事が出来ました。

ダミー

自分はWEBデザイナーをやっているので、色彩のバランスや見せ方などは理解していたつもりでしたが、勉強してみるとやはり奥が深い世界です。

これまでも色合いは気を使っていましたが、今後はさらに仕事にも生かして、もっともっと素敵なWEBページを作っていきたいです。