住まい

住まいアドバイザーW資格取得講座について知りたい!

講座名:「住まいアドバイザーW資格取得講座」
この講座は、以下二つの資格が取得できます。
■「住まいアドバイザー」
■「建築材料インストラクター」
>>住まいアドバイザーW資格取得講座

住まいアドバイザーとは?

住まいアドバイザーは建物と建材の知識を持ち、建物全体を鑑定する能力のある人のことです。

新しい家を建てる時、リフォームをする時、素人にはどのような建材を選べばいいかがわかりません。

この資格を持っていれば木材、床材、内壁・外壁、屋根材、仕上げ材、各金物、各建材用語などの知識が身に付きます。

建築材料インストラクターとは?

建築材料インストラクターとは、建築をする際の材料の種類や特徴について、一定以上の知識を持っている人のことです。

建物に用いられる材料には、とても多くの種類があります。

建築材料についてある程度の知識があると、家を建てる時に自分である程度選別をすることも可能です。

住まいアドバイザー、建築材料インストラクターの仕事内容

住まいアドバイザーの仕事は、建物の材料や理想的な住まいをアドバイスする住まいアドバイザーとして活躍します。

近年ではアスベスト、ホルムアルデビドなどの問題や、、住まいに関わる不安要素が多い傾向にあります。

建築資材は何を用いた住まいが安全なのか、少しでも知識があると家選びもかなり自信が持てるようになりますね。

普段はあまり気に留めない建築材料。

インテリアにも建築材は多く使用されています。

住まいとインテリアは切っても切れない関係です。

住まいのプロとしてインテリア業界でステップアップする事も可能でしょう。

また、建築材料に関する知識は建築関係はもちろん、不動産業界でも重宝されます。

なので、資格をどう仕事に生かしていくのかが重要ですが、取得していると周囲の評価も変わる可能性が大いにあります。

もちろん、アドバイザーとして講演活動も可能です。



建築材料インストラクターの仕事は、建築に用いられる材料についての専門知識をもっている人が、詳しくない人やこれから家を建てようと考えている人などに対して建築材料についてのアドバイスを行います。

7建築や設計の仕事に就けば、より自分のやりたかった提案などができることでしょう。

2020年には、東京オリンピックが控えています。

オリンピックに備えて、数多くの建築案件が動いているのは周知の事実です。

こうしたブームにいかに乗れるかが、建築材料インストラクターとして活躍できるきっかけになります。

家を建てようとしている人には、強い味方です。

家を建てる予定の土地の地盤や周辺環境、家族構成なども考慮して提案していきます。

またイベントなどで建築材料インストラクターとしての講演を開くことも可能です。

住まいアドバイザーW資格取得講座の特長

こちらの講座は、日本生活環境支援協会主催の「住まいアドバイザー」、日本インストラクター協会主催の「建築材料インストラクター」それぞれの資格対策にもなるようにカリキュラムが組まれています。

さらに、こちらの講座では各、スペシャル講座を受けることが出来ます!

このスペシャル講座はなんと卒業課題を提出すれば、試験免除で「住まいアドバイザー」と「建築材料インストラクター」の2資格が、講座卒業時に取得できます!

すぐに資格を取得したい方、または確実に資格を取得したい、という方はこちらのスペシャルコースが良いでしょう。

講座の内容は、「木材の基礎知識 無垢(ムク)材編、新建材編」「床材編」「内壁・天井材編」「外壁(装)材編」「Cマーク金物」「木造軸組構法名称」など、実践で使えるような知識・技術がすぐに身に付きます。

住まいアドバイザーW資格取得講座の口コミ評判

ダミー

住宅展示場などで働いているのですが、宅建のほかにも何か資格を取ったほうがいいと思い受講しました。

教材も一通り確認しましたが、基本事項から応用まで網羅してあるので安心しました。

宅建とはまた違った視点から建築材料を見ていて、楽しかったです。

ダミー

不動産関連に就職したくて、色々と資格を調べていたところこちらの資格が取りやすいかなと思いました。

試験を受けるのが嫌だったので、スペシャル講座を受けました。

途中つまづいたことも何度かありましたが、サポートが手厚かったおかげで一通り問題なく終えました。