インテリア

インテリアデザイナー W資格取得講座について知りたい!

講座名:「インテリアデザイナー W資格取得講座」
この講座は、以下二つの資格が取得できます。
■「インテリアデザイナー」
■「インテリアアドバイザー」
>>インテリアデザイナー W資格取得講座

インテリアデザイナーとは?

インテリアデザイナーとは、家具や、カーテン、照明、什器などだけでなく、デザインコンセプトに沿って全体の色味、造作、トーン、灯りなど内装に関してあらゆるデザイン・演出を担当する人のことです。

担当する対象も幅広く、企業のオフィスや、新規・既存の店舗、ホテルやレストラン、美術館などと、時には空港や客船のコーディネートまですることもあります。

インテリアアドバイザーとは?

インテリアアドバイザーとは、部屋やオフィス、会場などの空間全体のインテリアをコーディネートします。

家具や照明をはじめ、カーテンや壁紙などその場を彩るもの全てがコーディネートの対象になります。

もちろん顧客によって好みやこだわりは様々で、場所や時間、時期などにもよって色から大きさから全ての合う・合わないが変わってきます

苦労の末、自分がコーディネートした空間に誰かが住み、楽しそうにしている様を見ると達成感のある仕事です。

インテリアデザイナー、インテリアアドバイザーの仕事内容

インテリアデザイナーの仕事内容は、インテリアを設計し、デザインし、配置などレイアウトに関しても関わる仕事です。

インテリアは日本語で「室内装飾」や「室内調度品」と呼ばれるものです。

家庭で言うと家具や照明、また広い意味では建物の空間全体もインテリアに含まれます。

インテリアデザイナーの仕事は、二つあります。一つは、家やホテル、オフィスなど、あらゆる室内空間の環境設計を行います。

環境設計とは、建物内の空間をデザインするにあたり必要な要件を確認しレイアウトしていくことです。

当然インテリアデザイナーが単独で決定するわけではなく、顧客の意見を踏まえて建築設計者・施工業者、依頼者などと打ち合わせを行います。

インテリアのコーディネートに関する知識はもちろん必要ですが、やはりセンスが光るデザインが出来るとその仕事ぶりは何倍も変わってきます。

またファッションなどと同じくその年・その時期の流行がありますので、常に今どのようなインテリアが、レイアウトが、色合いがはやっているのか敏感に取入れる必要があります。

もう一つは家具全般、例えばソファ、テーブル、椅子といったインテリア用品hひとつひとつのデザインを考えます。

企業などからの一定のコンセプトに沿ってデザインしていく、会社員的な立場です。



インテリアアドバイザーの仕事内容は、例えばにある家具をもっと魅力的に表現するにはどう組み合わせれば良いかなどを考案・提案し形にしていきます。

インテリアに関する知識はもちろん、インテリアが置かれる空間全てを演出するためには、計算が出来たり収に詳しかったりとプラスアフルファの知識が求められます。

どのように家具を配置したいか、それによって不都合は出ないかなど顧客によって手法は千差万別です。

多様なライフスタイルに応える空間をアドバイスしていくので、対応していくためにはやわらかい頭で考えることが出来る「柔軟性」、顧客が本当に求めているのは何かを引き出す「取材力」、期待以上の結果をもたらすことを伝えるための「提案力」、 限りある資源を使い、100%以上に魅力を引き出す「演出力」、新しいアイデアを生み出す「想像力」なども必要になるでしょう。

また、インテリアに対してのこだわりは人それぞれですが、ということは自分のイメージを誰もが持っています。

そのため、いかに顧客の要求を的確に把握して具現化出来るか、という能力も必須になります。

経験をつんでいくうちに、その能力は自分自身のためにも活かすことができるでしょう。

場数をこなして経験を積んでいくことで、独立・フリーとして活躍することも可能性も出てきます。

将来は自分の力だけで経営をしたいと考えている人にも、有効な資格であるといえます。

インテリアデザイナー W資格取得講座の特長

こちらの講座は、日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「インテリアデザイナー」、日本インストラクター協会主催の「インテリアアドバイザー」それぞれの資格対策にもなるようにカリキュラムが組まれています。

さらに、こちらの講座では各、スペシャル講座を受けることが出来ます!

このスペシャル講座はなんと卒業課題を提出すれば、試験免除で「インテリアデザイナー」と「インテリアアドバイザー」の2資格が、講座卒業時に取得できます!

試験を受けずに資格が取得出来るのであれば、時間がない方も取り組み易いですね。

インテリアデザイナー W資格取得講座の口コミ評判

ダミー

家具屋さんでアルバイトをしていた時に、インテリアデザイナーの資格を知りました。

自分の部屋の模様替えをいつもしていたので、こういった資格で働きたいとそのときに思い、資格を取りました。

試験免除でデザイナーとアドバイザーの2つの資格を取得できるのが良かったです。

ダミー

趣味で始めるのにはちょうど良いと思っていたのですが、いざ始めてみると勉強も楽しかったです。

ショッピングモールや取引先のオフィスなどを訪れると、こういった部分にこだわっているなとか もっとこうしたら素敵に見えるのになと自然に考えてしまうようになりました。

現在は自分のオフィスのレイアウトなどを任せて頂いており、お客様にリラックスしてもらえるような空間を演出できる用がんばっています。