キャンドル

ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座について知りたい!

講座名:「ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座」
この講座は、以下二つの資格が取得できます。
■「ニードルフェルトデザインマスター」
■「羊毛フェルトアドバイザー」
>>ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座

ニードルフェルトデザインマスターとは?

キャンドルデザインマスターとは?

ニードルフェルトデザインマスターとは、ニードルフェルトを用いて様々な形を作り、またニードルフェルトに関する知識を持ち、販売することができると認定された人の事です。

資格を取得すると、セミナーなど講演活動もすることが出来ます。

羊毛フェルトアドバイザーとは?

羊毛フェルトアドバイザーとは、ふわふわの羊毛を材料に使用し、専用のニードルを使って様々な形や色でデコレーションされた、マスコットやアクセサリーなどを作成する、また羊毛フェルトの知識を幅広く持ち、未経験者にも教えることが出来る人のことです。

ニードルフェルトデザインマスター、羊毛フェルトアドバイザーの仕事内容

ニードルフェルトデザインマスターの仕事は、ニードルフェルトで作品を仕上げ、その方法を教えてあげることです。

ニードルフェルトは、女性に人気な趣味のうちのひとつです。

SNSなどで可愛い写真をシェアするのが当たり前になっている現在では、ニードルフェルトの人気は上昇傾向にあります。

その作り方は、まず羊毛を特殊な針で紡いで、キャラクターや動物をモチーフにして作品を作り上げていきます。

この資格を有するには、まず肝心なのがニードルフェルトの基礎知識をしっかりと理解しておくことです。

具体的には、必要な道具の種類、素材の選別が重要ですフェルトにも様々な種類があるので、用途や状況に合わせたものを選択できるかどうかという能力が必要になります。

フェルトボールの作成方法、他にも刺繍テクニックや正しい使い方など、あらゆる角度からニードルフェルト製作に関しての知識を網羅していることがこの仕事を行う上での条件です。

ニードルフェルトは現在幅広く普及しているので、ネットショップなどで販売したり、フリーでイベントなど色々な場所で活動することが可能になります。



羊毛フェルトアドバイザーの仕事は、ワークショップやセミナー、またはお店などでデザイン・レシピの作成や羊毛フェルトの作り方を教えることです。

「羊毛フェルト」はニードルと呼ばれる専用の針で羊毛フェルトを絡めたり編み込んだりして、マスコットなどを作っていく手芸なのですが、簡単なものならば誰でも始められますが難しいモチーフなどはある程度の技術が必要になってきます。

そこで羊毛フェルトアドバイザーが、わかりやすい作り方からハイレベルなテクニックまでを教える立場になり、その魅力を伝えていきます。

副業で趣味の延長のように活動する人もいれば、自分のショップを開いたり、イベントに出展したりとアクティブに展開する人もいます。

ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座の特長

こちらの講座は、日本デザインプランナー協会の「ニードルフェルトデザインマスター」、日本生活環境支援協会の「羊毛フェルトアドバイザー」それぞれの資格試験に対応しています。

もし未経験で、何から手をつけて良いかわからない!という方でもスムーズに受講いただけるようカリキュラムされています。

さらに、こちらの講座では、スペシャル講座を受けることが出来ます!このスペシャル講座はなんと卒業課題を提出すれば、試験免除で「ニードルフェルトデザインマスター」と、「羊毛フェルトアドバイザー」の2資格が、講座卒業時に取得できます!試験を受ける時間がない方などには非常に役に立つプランです。

講座内容は、イントロダクションの「ようこそ羊毛フェルトの世界」や「必要な道具・便利な道具」から、「石鹸水フェルトで作成するペンケース」「ニードルフェルト羊毛で作成する雪だるま」など応用編まで幅広く網羅していますので、初心者の方でも安心して受講いただけます。

ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座の口コミ評判

ダミー

インスタグラムなどで可愛いフェルトの写真が掲載されていて、すぐに魅了されました。

勉強は苦手な方でしたが、わからないところは何度でも質問できるのでとても助かりました。

最初は簡単なモチーフしか出来ませんでしたが、今では細かくて難しいモチーフも作れるようになりました。

ダミー

ニードルフェルトの資格を取りたかったので、通信で始めてみました。

平日の夜など、空き時間に副業が出来ないかなと思ったのがきっかけでした。

専門学校や予備校と違って自分のタイミングで勉強できました。

思っていたよりも早く資格が取れました。

試験は通信で勉強した内容がけっこう出たので、よかったと思います。

ダミー

不器用なんですが、テキストの解説だけでも、かなり出来が違って驚きました。

専門の方が編集しているだけあるなと思いました。別の資格も受けてみるつもりです。