レジン

レジンアートデザイナーW資格取得講座について知りたい!

講座名:「レジンアートデザイナーW資格取得講座」
この講座は、以下二つの資格が取得できます。
■「レジンアートデザイナー」
■「レジンアクセサリークリエイター」
>>レジンアートデザイナーW資格取得講座

レジンアートデザイナーとは?

レジンアートデザイナーとは、レジンという様々なデザインが自由に作れる硬化樹脂を使い、ハンドメイドのアクセサリーやプチインテリアなどを作る人の事です。

一から自分でオリジナルのデザインをするので、とても評価の高い資格です。

レジンアクセサリークリエイターとは?

レジンアクセサリークリエイターとは、レジンの基本的な知識、アクセサリー作りの基基礎的知識を持ち、レジンを使ったアクセサリー作りに関してのプロフェッショナルの事です。

また、その作り方をわかりやすくレクチャー出来る能力も必要です。

レジンアートデザイナー、レジンアクセサリークリエイターの仕事内容

レジンアートデザイナーの仕事は、レジンアートをお洒落な、見ると可愛い形などにデザインすることです。

「レジンアート」という言葉は、聞き慣れない人もいると思います。

レジンという硬化樹脂にUVライトや蛍光灯を当てると硬化するので、これをオリジナルの形に成型することです。

このレジンは色々な素材と相性が良く、布、金属、紙、プラスチックなどと合わせてアクセサリーや小物を作ることが出来ます。

ここでポイントとなるのは、このレジンアートをどれだけオリジナルのデザインに表現出来、魅力的な作品にするか、です。

クオリティの高いデザインなれば、高い値段で販売出来ますし、ブログやSNSなどで紹介すると、話題になり仕事に繋がっていくでしょう。

基本的な知識、扱い方、デザインなどは講座の中で学べるので、あとは経験とセンスが試されます。



レジンアクセサリークリエイターの仕事は、レジンのアクセサリーを作成し、またその作り方を初心者にもわかるように教えていきます。

レジン作品は現在多種多様で、アクセサリーはもちろん、スマホグッズからファッションアイテム、プチインテリアまで幅広くあります。

その中でもアクセサリーは、ピアスやネックレスなどに良く使われレジンの中でも人気です。

資格を取得すると、講師活動も可能になりますので、お話が得意な方はイベントなどでセミナーを開いたり、すれば徐々にファンも増え、幅広く仕事が出来る可能性が広がります。

レジンアートデザイナーW資格取得講座の特長

こちらの講座は、レジンアートデザイナー、レジンアクセサリークリエイターそれぞれの資格試験に対応しています。

1日に充分な学習時間が取れなくても、毎日の積み重ねによって確実に実力をつけながら、無理なくご自身のペースで学習を進める事が可能です。

さらに、こちらの講座では、スペシャル講座を受けることが出来ます!このスペシャル講座はなんと卒業課題を提出すれば、試験免除で「レジンアートデザイナー」と、「レジンアクセサリークリエイター」の2資格が、講座卒業時に取得できます!試験を受ける時間がない方などには非常に役に立つプランです。

講座の内容一例:未経験者向けの「レジンを作るために」「UVレジンとは」「UVレジンの使い方」「UVレジンと必要道具」「UVレジンと便利道具」から始まり、基礎的知識を増やすために、「フレームを使った基本テクニック」「シリコン型を使った基本テクニック」「ミール皿を使った基本テクニック」、また応用編として「レジンアクセサリー作り方」「レジンアクセサリー手作り」「写真入りアクセサリー」「リバティ入りアクセサリー」「ビスケットのキーホルダー」「押し花のバッジ」などがあります。

レジンアートデザイナーW資格取得講座の口コミ評判

ダミー

元々、ハンドメイドに興味があったので、レジンアートをより深く知りたいと思い受講しました。

初心者にもわかりやすい教材という評判どおり、教を読むだけでもかなりの勉強になりました。

とっつきやすく、テキストにそってサンプルを作ったりと楽しみながら出来るので、副業を考えている人にはおすすめの資格です。

ダミー

趣味でレジンアートのようなものを真似事で作っていましたが自分の独学で出来る技術には限界があると感じて、資格をとってみようと思いました。

ハンドメイドソープの利点や、石鹸の種類、作り方、道具、材料、石けんの作り方に関してこれまで知らなかったことがたくさんあって驚きました。

ダミー

資格を取得たので、親の誕生日に自分で作ったレジンアートをプレゼントしてみました。

とても喜んでもらうことができて、資格を取ってよかったと感じました。

少し興味があるので始めましたが、今ではレジンアートの魅了に引き込まれ、ネットショップで自分で作り販売しています。

仕事として成立させるにはまだまだ時間がかかりそうですが、これからもがんばりたいと思います。