福祉心理カウンセラー

福祉心理カウンセラーW資格取得講座について知りたい!

講座名:「福祉心理カウンセラーW資格取得講座」
この講座は、以下二つの資格が取得できます。
■「福祉心理カウンセラー」
■「福祉心理アドバイザー」
>>福祉心理カウンセラーW資格取得講座

福祉心理カウンセラーとは?

福祉心理カウンセラーとは、福祉に関する知識と心理学の知識を持ち、ストレスから起きる様々な症状を理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。

資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

福祉心理アドバイザーとは?

福祉心理アドバイザーとは、福祉の知識、さらにアドバイザーとしての知識を兼ね備えている人に与えられる資格です。

心理アドバイザーというのは、的確なアドバイスや相談をすることができる人材のことを指します。

また、合わせて老人福祉、介護福祉などの幅広い知識を学んでおくと、仕事として広い分野での活躍をすることが可能となります。

福祉心理カウンセラー、福祉心理アドバイザーの仕事内容

福祉心理カウンセラーの仕事内容は、何らかの理由で家族がいない、または離れて暮らしているなどの理由で身近な人のサポートを受けることができないケースがあります。

そんなときに頼りになるのが福祉心理カウンセラーです。

高齢社会が進んだ現代社会で、一人で暮らす高齢者が増えていることも影響し、高齢者の中でも特に、心の病を抱える人は増加しています。

現在は精神科、心療内科精神科にかかる患者が増えることにより、医者が患者一人一人の心の内を聞くことが難しくなっていると言われます。

その中でカウンセラーはその役割を担うことが期待されています。

人々の心を支える仕事として、医療現場や介護の福祉施設などで心理カウンセラーが設置されています。

また患者だけに限らず、彼らを支える家族の心の悩みを軽くすることもカウンセラーの仕事に含まれています。

悩み、心の不安を共有し、解決するための糸口を一緒に探るのが心理カウンセラーとしての役割です。

福祉心理カウンセラーが働く現場は、一般的には医療機関、福祉施設、教育機関などです。

また近年では、産業カウンセラーとして企業などで専属に雇われることもあるようです。

そういったケースではカウンセリングルームなどで働く人々の談に乗ります。

カウンセラーとして働く場所は様々ですのでそれぞれに適した知識、的確なアドバイスがが必要とされます。



福祉心理アドバイザーの仕事内容は、具体的には怪我・病気などで体が思うように動かなくなってしまった方、重度の障害を持っている方、またお年寄りの方などからだざに対しても心理アドバイザーとして活躍することができます。

主に働く場所は福祉施設、老人介護施設などで、高齢者や障害を持った方が今後さらに社会で活躍していけるために必要とされる仕事です。

今後も需要は増えていくと考えられています。

福祉心理カウンセラーW資格取得講座の特長

こちらの講座は、JAAMP(日本アロマメディカル心理セラピー協会)主催「福祉心理カウンセ ラー」、JIA(日本インストラクター協会)主催「福祉心理インストラクター」それぞれの資格対策にもなるようにカリキュラムが組まれていますので、心理カウンセラー、アドバイザーの学習をすると同時に資格の対策も出来ます。

さらに、こちらの講座では各、スペシャル講座を受けることが出来ます!このスペシャル講座はなんと卒業課題を提出すれば、試験免除で「福祉心理カウンセラー」と「福祉心理アドバイザー」の2資格が、講座卒業時に取得できます!試験を受けずに資格が取得出来るのであれば、時間がない方も取り組み易いですね。

福祉心理カウンセラーW資格取得講座の口コミ評判

ダミー

昔からカウンセラーの仕事に興味があり、大学でも専攻していました。

心理学や福祉というジャンルは、知識や経験があっても実際に対人になると上手く表現することが難しいものです。

この福祉心理カウンセラーW資格取得講座を受講して感じたことは、指定された協会が主催している講座内容、カリキュラムになっているので実際の現場で役に立つ知識、知恵が身に付いたことです。

ダミー

結婚後に出産があり、仕事を辞めました。

子育てが落ち着いた今、もう一度勉強して何か資格を取りたいと考えていました。

福祉心理アドバイザー認定試験は、スペシャル講座を受講し、ちゃんと卒業課題を出せば試験をパスして資格を取得出来るところが魅力的でした。

家庭でやることもたくさんある身でしたので、時間を自分で考えて使う事が出来た点もとてもありがたかったです。

ダミー

仕事に関連する資格だったので、取得しようと思い受講しました。

勉強は得意な方ではありませんでしたが、テキストなどが充実していたためつまずくことなく進めることが出来ました。

質問にも丁寧に答えていただき、理解が早かったと思います。

患者さんはもちろん、その周囲の方々にも、何気ない会話やカウンセリングで役に立つ内容でした。